断乳と卒乳 タイミングと上手な進め方

断乳と卒乳 タイミングと上手な進め方

赤ちゃんが母乳やミルクを飲む姿はとても可愛く、成長はして欲しいけれどもう少しこのまま・・・と思ってしまう方もおられるかもしれません。ですが、時期がくれば断乳・卒乳を行わなくてはならなくなります。
赤ちゃんが授乳を卒業するということは乳児を卒業するということと同じですので、できればしっかりと知識をつけた状態で行いたいですよね。
どのような方法で行えばいいのか分からないという方もおられると思いますので、断乳と卒乳の違いやタイミングなど、上手な進め方についてもチェックしていきたいと思います。

断乳と卒乳の違いってなに?

断乳と卒乳、赤ちゃんがおられる方であれば耳にする機会も多いと思いますが、この言葉の意味にはどのような違いがあるのでしょうか。
まずは、断乳と卒乳の違いから見ていきましょう。

断乳

断乳とは文字通り「母乳・ミルクを断つ」という意味です。
赤ちゃんがおっぱい離れや哺乳瓶離れをしていくことではなく、お母さんの意志で授乳を辞めることを意味します。

卒乳

卒乳もその文字通りで、「母乳・ミルクを卒業する」という意味です。こちらの場合にはお母さんの意志ではなく、赤ちゃんがだんだん母乳やミルクを欲しがらなくなり、自然と授乳を卒業することを意味します。
断乳も卒乳も、離乳食が食べられるようになる・栄養を授乳以外の方法でとることができるようになる等を目的としています。目的は同じでも、その意味は大きく異なるのですね。

断乳と卒乳のタイミングはいつ?

断乳と卒乳の目的は同じだと先ほどご説明したのですが、断乳はどのようなタイミングで行えばいいのか、また、卒乳はどのようなタイミングで始まるものなのでしょうか。
母乳と卒乳のタイミングとしては、以下のようなことが目安とされています。

・離乳食から幼児食へと移行する1歳半程度
・水やお茶などで水分を補給できる
・1日の食事全て、離乳食を食べている
・ハイハイではなく歩ける

このようなことを目安として、断乳・卒乳を行うといいでしょう。断乳の場合には、夏場は水分をたくさん必要とする季節なので、それ以外の季節で行うようにすることがおすすめです。

どうやって断乳・卒乳へと進めていけばいいの?

前述のとおり、ある程度タイミングはあるのですが、無理矢理断乳するというのは実は良くありません。あくまでも赤ちゃんを主体として行うものであり、断乳であっても、赤ちゃんの気持ちや体調などを考えてあげる必要があります。母乳やミルクを飲んでいる間の赤ちゃんはとても大きな幸せを感じていることを忘れないようにしたいですね。
断乳する場合には、以下のような方法で進めていくことをおすすめします。

事前のチェック項目

断乳を始める前に、まずは水やお茶など母乳・ミルク以外のものから水分をとることができるかどうかをチェックしておくことが大切です。そして同時に、離乳食をしっかりと食べることができるかどうかも確認しておくようにしてください。

断乳へのステップ

断乳へのステップとしては2通りあります。それぞれのステップを確認していきましょう。

1.赤ちゃんに言い聞かせる
この方法は、ある程度お母さんの言葉が分かる年齢(1歳半から2歳程度)で行うもので、もうすぐおっぱいとサヨナラすることを言い聞かせるという方法です。カレンダーや日にちが書いてある紙に好きなシールを貼ったり絵を描いたりし、「この日におっぱいとサヨナラだよ」と毎日伝えておきます。
当日は、「これでおっぱいは最後ね」と言い聞かせ、1回だけたっぷりおっぱいをあげます。
その後は泣いてもわめいても、絶対におっぱいをあげないようにし、外に連れ出したり好きなことで興味をひくようにしてあげましょう。

2.少しずつなくしていく
この方法では、文字通り、授乳の数を毎日少しずつ減らしていくようにします。いきなり回数を減らすのではなく、1回ずつ減らしていき、最終的には1ヶ月から1ヶ月半程度で断乳を完了させるようなイメージです。
赤ちゃんの体調などもしっかりチェックしつつ行うことが大切になります。

おわりに

断乳・卒乳は、お母さんも赤ちゃんも辛い思いをすることがある一大イベントでもあります。すんなり卒乳できる赤ちゃんもいれば、断乳に絶えきれずに何日も泣いてしまう赤ちゃんもいます。
この方法で断乳しなくてはならない!という決まりはありませんので、赤ちゃんの気持ちに寄り添った断乳・卒乳となるようにしてあげてくださいね。

参考リンク